sigma

sigma 2/2017: 2016年の自然災害と人災: 損害が広範囲に及んだ1年

惨禍の発生という点では、日本、エクアドル、タンザニア、イタリア、ニュージーランドなどの地震を含めて、2016 年には世界の各地で大規模な災害が多数発生した。また、数多くの深刻な洪水が米国や欧州、アジアの各地で発生し、米国の気象災害件数は最高記録となった。最も強かったのはハリケーン・マシューで、北大西洋で生じた暴風としては2007 年以降初めてのカテゴリー5 となり、年間の一事故として最多の死亡者をもたらした。死者数は700 名を超え、そのほとんどはハイチの人々であった。もう一つの広域かつ大きな被害をもたらした災害は、カナダのアルバータ州とサスカチュワン州にわたって5 月から7 月にかけて広がった山火事であった。